06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

「オタク初級者」による頭いいフリちゃんねる

オタク/アニメ/マンガ/ラノベ/声優など「オタク文化」を小難しく語っています      相互リンク大募集&他所で宣伝お願いします

 

中川翔子 ポケモンが生きる意味を教えてくれた

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

「全日本美声女コンテスト」は声優界、アニメ業界、そして「こちら側」を打ち崩す 

ここ2、3日私は心底っています。さてさて本当に「こちら側」の人間はどうしたのかと思ってしまいました。「こちら側」は「そんなに腐敗しているのか」と、「そこまで落ちぶれてしまったのか」と、「なぜ誰も問題視しないのか」と問いかけたいです。もっと大きな話題になるべき、話題にしなければならないほど重要なお話です。


http://beamie.jp/biseijo.html

参照 http://beamie.jp/biseijo/images/chirashi.pdf

一体これは何なのでしょうか。何がしたいのでしょうか。「こちら側」に何をもたらすのでしょうか。「全日本美声女コンテスト」という「お祭り」は理解に苦しみます。率直に言うと「一般人」のためのコンテストとしか思えません。
まずは私がとやかく言う前に「民意」の手法をとってみたいと思います。前の記事でも使った方法です。要するにコンテストに対する人々の反応を見ることです。


・一体誰が得をするんだ…。
・半笑いを通り越して真顔になってしまった。
・結局話題性だけの祭りでしょ。声優という職業を馬鹿にしてる
オスカーと青ニ?一体どうしたんだ…?
・ここまで剛力ぶち込んでくるのか。ゴリ押ししすぎやろ。
・剛力と菊川はイラネ。
・オスカーが大好きな「出来レース」でしょ。どうせ。
・「出来レース」だから剛力優勝でいいよ。
・青ニ主催だけにして、青ニ所属だけにして、野沢さんと古谷さんだけが審査員だったらいいのに。オスカーとかゴーリキー(注:剛力)とか菊川が関わるな。
・はぁ?何これ?マジで寒い。
青ニプロダクションもとうとう終わりか。いろんな人が離れていくんだろうなあ…。
・素敵()(注:()は嘲笑の意。ネット上では(笑)も同義)な企画ですねー(棒)
・何もかも解せぬ。
・お、おう…。
・あ、うん…。
ゴーリキーってだけでも反吐が出ます。
・うーん。
・声じゃなくて、顔なんっすね。そういうことですね。結局そういうことですよね。
「声質は二の次、鍛錬で獲得した職能こそが評価され、なるのが声優」なのに、声優は「見た目でなれる職業」だとこのコンテストは判断している声優界の衰退はより進み、オスカーが絡んでくるような「この日」がいよいよやってきてしまった
・「表面的なものでしか評価しないライトユーザーを、お得意様にしてしまうと、その文化は衰退するしかない。邦画・邦ドラマ・邦楽、いずれもその憂き目にあった。今まで散々コケにしてきたアニメ業界にすらその魔手を伸ばすのか」
・おかしいでしょ。おかしいでしょ。
青ニよ、やってはいけない事をやってしまったね。


以上が私が探し出せた範囲の感想です。見ての通り好意的では無い意見が多いですが、そもそもこのコンテストの内容はあまり話題になっていません。開催されることは知られています。感想も7割が「剛力が出てくる」という旨のものです。
要するに何も議論がされていないと言ってよいのです。もちろん感想の中には真剣なものもありましたが、剛力剛力剛力剛力と、本当にいい加減にしてもらいたいのです。私も特定の人の「ごり押し」は嫌いです。しかし「こちら側」の人には、「一般人」が言うようなレベルの感想以上の意見を言ってほしいのです。剛力ごり押しがウザいのは痛いほど分かっていますから、プラスアルファーしてくださいよ。

「一般人」はいまはどうでもいいのでまずは皆の反応を参考にツッコミを入れますね。
誰が得をするのかと言えば「一般人」と所謂「ライトオタク」系統の人達です。頭が「ライト」でおなじみの「ライトオタク」の特にはなるでしょうね。それ以上でもそれ以下でもありません。真剣に声優やアニメのことを考えている程真顔になってしまうのは、私も同じなので分かります。怒りを通り越して無になる感じです。声優という職業を冒涜されたと思う人が居るのも当然なのです。
オスカーや青ニが「出来レース」かどうかは知らないですが、少なくともこのコンテストが「実力制」でないのは明白です。もっとも今の声優業界がそもそも「実力制」ではないので、コンテストやオスカー以前の問題です。本来はここで大手である青ニが「実力重視」を打ち出すべきなのに、オスカーと組んで「堕落」しているのを見てしまうと、様々なファンや応援者は離れていくかもしれないですね。今まで真剣に考えてた人が「うーん」や「あ、はい」といった感想を持つのは間違いなく今の声優業界に責任があります。

はっきり言えるのは、「顔・容姿が絶対である」という風潮は「こちら側」では嫌悪されているということです。声優界が衰退すると思ってしまう人の背後にはこれがあるのです。
ついでに言うと「アニメ業界にもなぜ魔の手(:容姿重視からの文化の没落)を伸ばすのか」については、「こちら側」は相変わらず下に見られているからですと答えます。これについては次回に詳しく書きます。


次も「全日本美声女コンテスト」に切り込みます。もっとこのコンテストについて考えてみてください。
関連記事
スポンサーサイト

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawanorth.blog.fc2.com/tb.php/83-2f5c1a3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。