06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

「オタク初級者」による頭いいフリちゃんねる

オタク/アニメ/マンガ/ラノベ/声優など「オタク文化」を小難しく語っています      相互リンク大募集&他所で宣伝お願いします

 

中川翔子 ポケモンが生きる意味を教えてくれた

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

「一般人」によるオタクモテ論と、モテ論の背後にあるオタク蔑視 

最近は暑すぎます。かの大村益次郎は夏が暑いのは当たり前だと言いましたが、それにしても大阪は特に酷いです。暑いので開き直ってオタクにとってのホットな話題を紹介しますね。よりによってオタクと恋愛の話です。


http://ddnavi.com/news/84995/

この記事は『相対性モテ論』という本の紹介だが、それだけで終わることができないのがオタク系統の記事です。これが「一般人」から見たオタクモテ論だと思ってくれていいです。相変わらずツッコミどころがあります。
何を言いたいかと言うと、この類の話しは全てオタクを小馬鹿にしています。直接バカにしたり、遠まわしにdisったり、表現を曖昧にして頭よさそうに上から目線をかましたりしますが、要するにオタクを蔑む内容です。
「一般人」はとにかくオタクが恋愛で成功するのを否定します。オタクは「永遠の恋愛弱者」や「絶対敗者」であり、たとえ天変地異が起こったり「市民権」を得たりしても「負け犬」扱いされます。絶対に負けるゲームの中で戦わされているピエロがオタクなのです。

久しぶりに一言一言記事の文章に対してツッコみます。冒頭に「オタク界で「モテる」ということは、敬遠されてきた」とあります。そもそもオタクとモテは関係しないのですが、一体誰がオタクとモテや恋愛を結び付けたのでしょうか。
オタクに「敬遠されてきた」のではなく、正しくは「一般人」がオタクとモテ、恋愛を意図的に結びつけ「さもオタクが敬遠しているかのように演出した」です。モテるモテないの話とオタクを関係づけさせたいのは「一般人」の特徴ですよ。何せ彼らは「恋愛脳」で動いていますから。オタクがモテたり「勝ち組」になると「一般人」に不都合でもあるのでしょうか。本当に「あちら側」は理解不能ですね。

「ファッションを変えようとしてみても、何が流行っているのかわからず「オタクのくせにオシャレをした気になっている」と」馬鹿にされているのは事実です。しかし、またまたそもそも論で悪いのですがオタクとファッションって関係あるのですか。黒い服だのチェックシャツだのオタクの特徴を勝手に決め付けてきたのは「一般人」です。
しかもオタクが流行に左右されるか否かの話もまだまだ議論しなければなりませんし、何よりなぜオタクはこんな程度の事で馬鹿にされるのか分析するのが先です。私はただのラベリングでオタクが侮蔑されていると思っていますが、「一般人」が自分より下の存在を作りたいだけなのかもしれませんね。
開き直って言うのならオタクがオシャレして文句あるやつは、明確で理知的な理由を添えて批判すればいいだけです。ファッションや流行ごときでオタクに文句付ける奴のレベルは高が知れていますがね。

「現実の女子は“スイーツ(笑)”や“ビッチ”ばかりで、オタクな自分の理想にかなう女子なんて」いない、とオタクは偏屈な考えを持っているとのことです。
この文章は二点ツッコみどころがあります。まず一点目は、あたかも現実の女性がほぼ全て清楚で清純で大和撫子のような存在であるとミスリードしていることです。二点目は「オタクは現実と理想を区別できない奴らである」という「一般人」特有のオタク観を下地にして物を語っている事です。
果たして「“スイーツ(笑)”や“ビッチ”」は少数派なのでしょうか。近年話題の「キスフレ」をどうやって説明するのでしょうか。バブル期から続く貞操の緩さをいい加減に引き締めたほうがいいのではないでしょうか。オタクが現実と理想、実際にあることと虚構の区別をできていないという間違った考え方もいい加減捨てなさい。

冒頭の最後部分はまとめてツッコんであげましょう。一つずつ攻撃していると一日かかってしまうかもしれません。


 モテないことを人やオタク趣味のせいにして2次元最高と負け惜しみじみたことを言い、現実の恋愛を楽しむ人を「リア充」と蔑む……。そんなふうにモテの努力から逃避してきたオタクたち

怒りを通り越して呆れてしまいます。「一般人」の典型的な主張をそのまま惜しげもなく語っています。
「オタク趣味のせいに」はしていません。オタク趣味に時間とお金をかけているので、モテがどうのは関係ないです。「負け惜しみ」ではありません。本当に二次元は楽しいのです。「リア充」を蔑んでいませんし、楽しんでいる人に興味はありません「モテの努力」から逃げているわけではありません。「モテの努力」の先に明るい未来を見いだせないと悟ったリアリストがオタクに多いだけです。



最後にただ一言だけ断言しておきます。


「一般人」よ、オタクは弱者では無いし怠惰な奴らでもない。お前たちよりよっぽど誠実で真面目に努力している者たちである。
関連記事
スポンサーサイト

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawanorth.blog.fc2.com/tb.php/62-8af3d70e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。