06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

「オタク初級者」による頭いいフリちゃんねる

オタク/アニメ/マンガ/ラノベ/声優など「オタク文化」を小難しく語っています      相互リンク大募集&他所で宣伝お願いします

 

中川翔子 ポケモンが生きる意味を教えてくれた

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

コミケに「買う側」として参加する注意点。「一般人」につけ込まれないための予防法 

http://otakei.otakuma.net/archives/2013070802.html

この記事には「あくまで一般論で「こうしろ!」というものでは」ないと書かれているが、「一般参加者」に対し注意を促していることは間違いないです。「これすら守れない奴はコミケ行くな」と受け取っていいですね。最近のコミケには頭がおかしい人や単純な馬鹿が増えたので、これくらい強く訴えかけたほうが効果的なのです。私ならもっとぶっ叩く感じで記事を書きますが、この記事にはオタク特有の「見方には優しい」感じが出ているのでツイッターでも特段話題になったのでしょう。あるいは「今どきのオタク」は今さらコミケの問題点について危険を察知し始めたのかもしれません。

内容は記事に飛んでもらうとして、今回は中身の要約をしてみたいと思います。
参加するにはカタログをよく読んでおきましょう。「コミケとは何か」から会場での諸注意事項まで載っているので読んで損はしません。コミックマーケットを知ることが大切なのです。しかしカタログはとても分厚いので会場にもって行くのは駄目です。予習をして本番に臨んでくださいね。
自分自身を清潔にて「他の人からどう見えるか」を気にし、体力と所持金も常に気にする精神を持っていてください。
己を過信することと余裕があることは別の話なのです。

徹夜は、コミケット準備会が定めた数少ない禁止行為のひとつ」なので絶対にやめてください。これは本当に駄目です。しつこいですが駄目です。これは私の考えですが治安の問題を引き合いに出して、「一般人」がコミケ規制する可能性があります。そんなことになっても知りませんよ。嫌なら徹夜はやめましょう。コミケが無くなってもいいのならやればいいのです。

参加初心者は昼過ぎに行きましょう。もちろん「数量限定とか、人気のあるものがお目当てでない場合」を除きますが、大抵初心者は上手く行動できないので全ては買えません。場数を踏んで初心者→初級者→中級者と進めばいいのであり一歩一歩臨めばいいだけなのです。
そんな初心者ほど日傘を持つ人が多いです。確かに夏は日光が強いですが日傘は駄目です。人が密集しているので日傘はナイフと同じくらい危険だと思っておきましょう。
暑いので水分と塩分を一緒に補給しましょう。「急性の低ナトリウム血症になり、最悪の事態では意識を失ったり、脳に障害が残ったりする」のが嫌ならしっかりこれらを補給しましょう。

携帯電話は繋がらないと思っておいた方がいいです。大勢の人がネットや通信を使用すればパンクしてしまうのです。古典的ですが「口約束」のほうが効果的なのです。
コスプレはコミケでのみ「正常」です。外では「異常」なのです。初心者や頭の軽い人には理解できないようですが、「こちら側」が暴走して「一般人」や非オタクを刺激してはいけません

「売る側」への配慮を忘れないようにしましょう。1000円札や硬貨を持って行って、相手にお釣りを出来るだけ出させない事が必要です。同人誌は丁寧に扱いましょう。雑に扱ってはいけませんよ。
サークル参加者の記事でも書いてあったように「自分が好きではない他の作品や、他の参加者をその場ではdis」ってはいけません。コミケ参加者以前にマナーがなってないです。「オタクである前にまともな人間であれ」を忘れた者はコミケに行く資格すらないですよ。

さて以上が要約ですが詳しくはいつもの通り元記事に行ってください。以下は私と同じような考え方をしているので引用してみました。


●「常識」を疑え
1975年に第1回(32サークル・推定参加者700人)が開催されて、既に40年近くの歴史を持つコミケット。その7割ほどの年月参加しているかと思うと、我ながら驚きです。昔は「同人活動は学生時代までの楽しみ」という感じだったのでですが、今や規模も遥かに大きくなって、サークル参加者も社会人が主流になり、3世代で参加する人もいるようになりました。これによって、大きな共同体のようだったコミケットも世代間や参加者間のギャップが広がり、同床異夢のような状態になっています。ですから、自分達が「常識」と思っていることも、実は全参加者に共通している「常識」ではないかもしれません(だからこそ、こういう記事が成立する訳です)。常識より、むしろよりどころとなるのは「良識」です。できれば「狭い常識」よりも良識に従って行動した方が、他の人と変な軋轢を生まないかもしれませんよ。

●「なぜ」を考えよう
コミケットに限らず、様々なルールがありますが、ルールができるには、必ず「きっかけ」があり、そこに至るまでの「いきさつ」があります単純にルールに従うのではなく「なぜそうなったのか」を考えてみてください。根本を理解し、対処すればよりよい対応になると思います。


コミケットは基本的に、分別ある大人が自主・自律の下に参加するイベントです。何でも自己解決しろという訳ではありませんが、なるべく自分の頭で考え、判断し、判らないことはスタッフなど判る人に訊いて、素敵な時間を過ごしてくれるといいな、と思っています。皆さんに、素敵な出会いのありますことを。



ここから読みとれることは果たしてコミケだけの話でしょうか。何事にも(良い意味での)疑いを持って生き、日々真剣に物事を思考することは大切だと教えてくれているのです。
「一般人」よりも勉強してみませんか
  
関連記事
スポンサーサイト

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawanorth.blog.fc2.com/tb.php/57-827d6aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。