05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

「オタク初級者」による頭いいフリちゃんねる

オタク/アニメ/マンガ/ラノベ/声優など「オタク文化」を小難しく語っています      相互リンク大募集&他所で宣伝お願いします

 

中川翔子 ポケモンが生きる意味を教えてくれた

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

こちら側の人間は成すべきことが存在している現実から、目を背けてはならないのである 

新しいスマブラ発表があって嬉しいですね。マルスが出てくれるのを祈ります。

さて映画(音声)の「吹き替え」について前回記述しましたが、予告通り今回もその続きを書きます。あれだけではなかなか話は膨らまないので、過去の記事を参考にする基本戦法をとります。


http://www.crank-in.net/movie/column/16161?cut_page=1/1

http://www.crank-in.net/movie/column/16161?cut_page=1/2

2012年の「映画吹き替え」に関する記事です。私は「関係者が語る」という記事はあまり信用していないのですが、とりあえず一資料としてとりあげますので悪しからず。
芸能人がアニメの声や吹き替えをするのは、キャラクターのイメージとピッタリだったからと、プロデューサーや監督は言いますが、正直、客寄せ」と語っています。「イメージがぴったり」って今でも聞きますね。詭弁だとは思っていましたが、あながち私の認識は間違っていないようです。「客寄せパンダ」説は拭えませんね。これだけでは判断できませんが。

コストパフォーマンスで芸能人やタレントの出演が決まるらしいですね。番組に出て終盤で「映画で吹き替えやってます」と大きな映画のパネル持って宣伝すれば安く済むし、見に来る人も増えるからだそうです。実力主義とは程遠いですね。 
まあ深夜アニメで特定の声優しか出演せず同じような「アイドル声優」をゴリ押しするだけの「こちら側」も、声優雑誌に出たりと似たようなことしているので文句は言えないです。

この記事ではヒットするか分からない作品ほど芸能人を保険として起用すると分析しています。キャラクターに合うとかどうでもいいし、売り上げをだせばいいのです。ビジネスとしては上手いですが、それ以外では評価できませんよね。
少なくともこの関係者は「芸能人起用は減るどころか、増える一方」と思っています。私もこれには同意しますし、あまり良い気もしません。現に今もこれは続いていますから。


2012年の年末にも吹き替えについての記事が出ています。やはり話題になるようです。

http://rocketnews24.com/2012/11/06/264055/

「タレントの剛力彩芽さんを起用し、上映前から不安と批判の声があがっていた。案の定、吹き替え版を観賞した人からは「吹替の剛力彩芽があまりにも酷すぎて観てて辛かった」という」のです。この女優は事務所のゴリ押しが利いた人として有名なので尚更問題になっていました。
当記事は「声優としての能力に欠けるタレントを大ヒット映画の声優に起用する行為は、映画ファンが求めているクオリティを台無しにしてしまう」としっかり書いてますね。実際に剛力の演技力はクソだったみたいです。プロの声優で再録してほしいと思っている人が多いのは、演技が全くできていないと言っているようなものですね。

ここには「タレントに主人公の声優をやらせた映画会社と芸能事務所」が悪く、「こういうことをすれば映画ファンが悲しむだけでなく、剛力さんにも批判の目が向けられるんですよ。やっちゃいけない映画業界の悪習」とも記述されています。悲しいかな商売だけを考えるとこうなってしまうのです。


http://www.cinematoday.jp/page/N0048516

近年、主人公や主要キャラクターに、吹き替え経験の少ないタレントの起用が増加し、吹き替え版を愛する映画ファンの怒りを買っている」とタレントの吹き替えについてしっかり前置きがあります。気付いていると思いますが、「こちら側」が思っている以上に深刻な問題になっているのです。中でも「同キャラクターを演じた声優が降板し」たことが、大勢の逆鱗に触れたようです。「客寄せパンダ」の生贄にされたら怒るのは当たり前です。
・「話題性重視での芸能人起用は反対です」
・「吹き替え芸能人の大根ぶりにげんなりする」
・「このキャラクターにはこの声優、というファンの思いを台無しにされた」

私と同じことみんなも思ってたんですね。少し安心です。
明らかなキャスティングミスを反省せず、「人気女優やアイドル、お笑い芸人など、芸能人を起用することで話題作りになること」だけに邁進した結果問題は多発しているのですよ。 


しかしこれは映画吹き替えだけの話ではありません。「こちら側」の人間も「声優」やキャスティングについて考えなければならないですね。「アイドル声優」とかいう定義すら曖昧な存在にアニメを蹂躙され、一定数の同じ声優しか見かけない現状の問題に真正面から立ち向かわなければならないのです。
関連記事
スポンサーサイト

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawanorth.blog.fc2.com/tb.php/23-7898cd5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。