07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

「オタク初級者」による頭いいフリちゃんねる

オタク/アニメ/マンガ/ラノベ/声優など「オタク文化」を小難しく語っています      相互リンク大募集&他所で宣伝お願いします

 

中川翔子 ポケモンが生きる意味を教えてくれた

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

静かなる憤りを内包している若造 

まず自分の立場を明確にしておくと、私は「こちら側」のの人間です。「あちら側」は「一般人」とでも置いておきます。

もちろん「オタク初級者」であることに矜恃を持っています。まだまだ「オタクです」とは名乗れない勉強中の身です。それゆえ「こちら側」の世界について興味を持ち、同時に疑問も抱くのです。


そこでまずは短絡的に辞書で「おたく」を引き、「オタクとは何か」解決を試みました。



 おたく【御宅】[・・・]③(オタクと書く)ある分野・物事に異常なまでにくわしい人を俗にいう若者言葉。「漫画‐」
(編・三省堂編修所『ハイブリッド新辞林』一九九八年七月一〇日、三省堂)


 お‐たく【御宅】オタク[・・・]②俗語。自分の趣味に没頭して、他に関心をもたない人。例 アニメおたく。 こうした人たちが相手に距離を置いて「おたく」と呼び合ったとされるところから。
(編・松井栄一『小学館日本語新辞典』二〇〇五年一月一日、小学館)


 おたく【御宅】[・・・]④俗に、特定の分野・物事を好み、関連品または関連情報の収集を積極的に行う人。狭義には、アニメーション・テレビゲーム・アイドルなどのような、やや虚構性の高い世界観を好む人をさす。「漫画‐」〔④は多く「オタク」と書き、代名詞としてこの語を使う人が多いことからの命名という。一九八〇年代中ごろから使われる語〕
(編・松村明(まつむら・あきら)三省堂編修所『大辞林第三版』二〇〇六年一〇月二七日、三省堂)

 
 おたく【お宅】[・・・]③自分の狭い嗜好的趣味の世界に閉じこもり、世間とはつき合いたがらない(暗い感じの)者。「パソコン‐」▽普通は仮名書き。一九八三年に中森明夫が「「おたく」の研究」で言い出し、九〇年代からはサブカルチャーとして積極性を帯びても使う。「私は紫式部オタクです」
(編・岩淵悦太郎、水谷静夫『岩波国語辞典第7版』二〇〇九年一一月二〇日、岩波書店)


 お‐たく【御宅】[・・・] ⑤ある事に過度に熱中していること。また、熱中している人。「アニメ―」⑤は「オタク」と書くことが多い。1980年代半ばから使われ始めた言葉か。初めは仲間内で相手に対して「おたく」と呼びかけていたところからという。特定の分野だけに詳しく、そのほかの知識や社会性に欠ける人物をいうことが多い。
デジタル大辞泉
http://kotobank.jp/word/%E5%BE%A1%E5%AE%85



なんかしっくりこないのが私も含めたオタクの感想だと思います。「自分の趣味に没頭して、他に関心をもたない」のがオタクなのでしょうか。オタクって本当にそうですかね。
「自分の狭い嗜好的趣味の世界に閉じこもり、世間とはつき合いたがらない」という印象が二〇〇九年の辞典に掲載されている現状は、少しショックです。

今もなお「オタク=悪人」論は「あちら側」で根強い人気のようですね。特定の分野だけに詳しく、そのほかの知識や社会性に欠ける人物」」と、ネットに公開されている辞書に堂々と記述されている現実をオタク側としてただ見ているだけなんて、オタク第四世代の一人として口を挟まざるにはいられません。


同世代のオタクの中にもこうやって考えている人がいてくれたらいいななんて思いつつも、私の主張したいことっておそらく世迷言なんですよねぇ。






関連記事
スポンサーサイト

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawanorth.blog.fc2.com/tb.php/2-c0b961d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。