06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

「オタク初級者」による頭いいフリちゃんねる

オタク/アニメ/マンガ/ラノベ/声優など「オタク文化」を小難しく語っています      相互リンク大募集&他所で宣伝お願いします

 

中川翔子 ポケモンが生きる意味を教えてくれた

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

最後のチャンスを与えてくださっている大先生の助言 

前回森永の記事を紹介したので、今回も彼がオタクを語っている記事を見ます。


http://wpb.shueisha.co.jp/2012/10/18/14792/

どうやら前に見た「三次元へのサルベージ活動」を詳細しているみたいです。話題にすらならず失敗に終わった結果、一部のオタクを「ウイルス扱い」したあの活動です。忌まわしい過去です。

「アニメやマンガなどの「2次元キャラ」で自慰行為にふける人」はリアルに帰ってこれなくなるという仮説を立てています。一種の病気扱いですね。
各人の性癖はともかく、森永はこういう人を出さないために早いうちからオタクを救い出そうとしていたわけです。

「2次元好きの“オタク男子”に親和性が高いはずのコスプレ系女子たちですら、こうした男たちを現実に引き戻すのは容易ではない」にも関わらず、森永は果敢にも挑戦したみたいです。
ちょっと言わしてもらうとそもそもオタクとコスプレしている女は親和性高いんですかむしろ逆だと私は思います。前にも記したように私はコスプレ女子を「一般人」だと思っています。私の中で彼女たちはオタクには入っていません。

それは横に置いておくとして、森永は「メイド喫茶にいたメイドさんが、ボランティアで2次元に落ちた男を救出するという非常に志の高い活動をしていたんです。私も支援していた」といいます。積極的に活動していたのはむしろメイドで、彼は後方支援だったんですね。前の記事だけ読むとまるで彼が先頭に立って、孤独に活動していたように思ってしまう人が多いです。
私の考え(疑い深い悲観的な見方です)は、「メイド喫茶に金をおとしてほしいから、「救出」させたかったのでは」ということです。オタクはそういう雰囲気を感じ取れます。だって「進化した人間」ですから。頭も回りますし、理屈を混ぜて話します。それ以前にメイド喫茶に行く人がどういう人か分析した方がいいでしょう。研究論文も出ていますし、メイド全員が知っておけば「活動」しなかったと思います。

結果は「ひとりも救出できずに挫折する事態に追い込まれた」、つまり大失敗です。当然の結果であり、全く関わっていない私でも予想できます。「一度“解脱”(完全に2次元の世界へいってしまうこと)してしまうと、二度と3次元の世界に戻ってこれない」という結論は大きく間違っています。メイド喫茶に行くオタクはメイド喫茶も好きだし、アニメやマンガも好きなだけじゃないですかね。オタクなら簡単に行き来できるでしょう。進化したんですから。

もっと言ってしまうと「志が高い活動」の目的は一体何だったんでしょうか。私の思うような商売目的か、メイドが好みのオタクを救出して恋愛したかっただけなのか全く書いていません。純粋な正義感かもしれないし、オタクを救って優越感に浸りたかったのかもしれないし、はたまた森永の一研究の材料になっただけかもしれません。

私が最も怒っているのはなぜ「オタク側とされている森永は「オタク視点」で語らないのか」ということです。「二次元に来る。三次元へ行く」とオタクはいいます。森永は「二次元に行く。三次元へ来る」と話しています。彼がオタクでは無く「一般人」だと私が思うのはこういうことの積み重ねがあるからです。


森永はどこかずれていますし、オタクはそれにきづいています。いいかげん「何でもかんでもオタクと関係づける「一般人」特有の商売」はやめませんか。「オタク初級者」の最後の助言です。









関連記事
スポンサーサイト

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kawanorth.blog.fc2.com/tb.php/15-d5ce9208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。