05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

「オタク初級者」による頭いいフリちゃんねる

オタク/アニメ/マンガ/ラノベ/声優など「オタク文化」を小難しく語っています      相互リンク大募集&他所で宣伝お願いします

 

中川翔子 ポケモンが生きる意味を教えてくれた

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

オタクとは、そうでない者たちにとって都合に良い存在なのか 

AKB総選挙があったらしいですね。AKBを応援している人は「オタ」とか「ヲタ」らしいですが、少なくとも前に書いたようにオタク初級者の私は全く興味がありません。そもそも「オタ」とか「ヲタ」が1番に消費していると言う前に、まず少しは「オタクの定義付け」という大きな仕事に挑戦してほしいものです。

「オタクは現実の女性に興味はないんだよね」と一昔前は決めつけてたのに、AKBが(好きか嫌いか、認めるか否かは置いといて)流行ったと見れば、「オタクがいきいきと、アイドルの女の子たちに熱中してます!」と前に自分が何を言ってたかを忘れたかのように―本当に何も覚えていないバカという可能性もあるが、―話すテレビ出演者や「一般人」を大量に目撃します。

結局反オタクどもはもちろん非オタクの人にも、オタクとは「動物園にいる「今」話題の珍獣」程度なんですよね。人として見られていないと言ってもいいでしょう。非常に不愉快です。


幸か不幸か、今オタクが一応肯定的に見られている事柄があります。なんと「恋愛」についてです。

http://ranking.goo.ne.jp/column/article/goorank/32355/

1072人にアンケートをとったらしいです。「友達10人に聞きました」みたいな不自然なレポートより何倍も見たくなりますね。きっとこのオタク初級者ごときでも納得できる結果なのでしょう。
中身を見ていくと、やはりこの手(オタク関係)のネタはとことん私の予想を裏切ってくれます

「マニアック、コミュニケーション下手…など、何かとネガティブなイメージを持たれがちな“オタク男子”。でも、そんな彼らにもステキなところがたくさんあるんです!」って最初からオタクをバカにしてますよね、これ。何様のつもりで言っているのでしょうか。
これを見ただけで「クソ認識確定」なのですが、ツッコミのために最後まで読んでみます。

ランキングの中身は
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/VOtxJBsQ_ejk/p1/
http://ranking.goo.ne.jp/ranking/017/VOtxJBsQ_ejk/p2/
です。

細かく見てみると、

1位 一途に想ってくれる
2位 パソコン機器に詳しい
3位 チャラチャラしていない
4位 お酒やギャンブル、ブランド物等にお金を使わず、堅実
5位 磨けば光る要素がある
6位 シャイで可愛い
7位 女性に対してあまりガツガツしていない
8位 色々な知識が豊富で、物知り
9位 オタクな彼女でも理解してくれる
9位 自分のこだわりを持っている
11位 趣味に時間を使うので、あまり束縛されない
11位 自分の好きなことになると夢中になっているのでイキイキしている
13位 論理的に物事を考え、話す
13位 お互いの知らない世界をシェアできる
15位 交友関係が広すぎない
16位 恋愛経験が少ないのでリードしやすい
17位 恋愛経験が少ないので、女性に対して偏見やトラウマがあまりない
18位 話の話題や引き出しが豊富
19位 ファッションにおいてこだわりが少ないので、好みの外見をリクエストできる
20位 趣味にお金をかけても、とやかく文句を言われない


分かりました。この記事をつくった人や、インタビューを受けた人は「オタク=女(私)にとって都合のいい物静かな男」と定義してたんですね。はじめに書いたAKBでオタクヲタク言ってるだけのアホよりはまだ100倍マシです。

「一途に想ってくれる」って別にオタクじゃなくてもいいですよね。オタクの魅力ってもっと深いところにあります。女性の皆さんはオタクについてもっと勉強しましょう。3位についても同じ構造です。「パソコン機器に詳しい」人ってオタクなのですかね。ちなみにオタク初級者の私は未だにwindowsVistaです。

「お酒やギャンブル、ブランド物等にお金を使わず、堅実」ってあたりまえです。自分の使える一カ月の金額から「自分の属するオタクジャンルに関する商品を購入」したらギャンブルなんてできません。漫画だったりラノベだったりDVD/BDだったりで大変なんです。ブランド物なんて優先順位は後の方です。「磨けば光る要素がある」は真面目に言っているのでしょうか。率直に申し上げて、「オタクってそこらへんの男より光り輝いている存在ですよ」残念ながら、日本にはそんな男たちに気付く目を持つ女性が少数派のようです。

「シャイで可愛い」「女性に対してあまりガツガツしていない」ってあなた達が散々一方的に「オタクキモい」とか蔑んだ結果でしょう。少しは自責の念を抱きなさい。
「色々な知識が豊富で、物知り」「自分のこだわりを持っている」とは「オタク=ネクラ」とどう違うのでしょうか。物知りでこだわり者を「ネクラ」って、オタクじゃない皆さんは名付けたんですよね。


長くなってしまったので残りは選んでみようと思います。「お互いの知らない世界をシェアできる」と今さら言われてもオタクは騙されません。オタクじゃないあなた達は昔「シェアしよう」と1秒でも思った事があるのでしょうか。「交友関係が広すぎない」は「引きこもり」イメージとリンクしていることを物語っていますね。

「恋愛経験が少ない」のもオタクの責任と言いたいのでしょう。少しはオタクが置かれた歴史を勉強してほしいです。「リードしやすい」とか「偏見やトラウマがあまりない」ってさらっと答えられるのは逆にすごいですね。

「ファッションにおいてこだわりが少ないので、好みの外見をリクエスト」されるくらいなら死んだ方がマシです。人形じゃないんですよ。オタクは人間なんです!「こだわりが少ない」んじゃなくて、オタク商品買わなきゃいけないんです!服へのこだわりとか二の次なんですよ!

「趣味にお金をかけても、とやかく文句を言われない」からいい。そういう人は、文句言わないのでオタクに関わらないでください。


確認してきた通りやはり「オタクを女(私)にとって都合のいい物静かな男」と定義していました。
「オタク男子を苦手としていた女子も自分の手でコツコツと彼らを磨いていけば、いつか自分にとってナンバーワンの王子様になるかもしれません」と文末に軽快に書かれているこの記事は、紛れもなく2013年に書かれています。結局オタクって「そんな程度の認識だった」ことだけが分かりました。








スポンサーサイト

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

中二病は恋愛を、中三坊は恐喝を、オタク達には安寧を 

は頭の緩い奴が増えるらしいですが、このご時世懐かしき「オタク狩り」を、まさかオタクの集まる秋葉原でやる輩がいたとは季節を通り越して時代を間違えてますね。

http://www.asahi.com/national/update/0523/TKY201305230281.html


内容は「中学3年の少年4人」が「JR秋葉原駅近く」で気弱そうなオタクを恐喝していたみたいです。

オタクってやっぱり中学生でも脅せる程の弱い存在って馬鹿にされるんですね。
「世間に認められた」「市民権を得た」って言ってた識者はどう思ってるんでしょうかね。人気取りで言ってたんじゃないかと疑います。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130523/crm13052314010008-n1.htm

朝日をのせたら産経も載せたくなります。内容は同じ事件ですが、少しだけ詳しく書いてます。中学生らしく某不良漫画を参考に、調子に乗ったようです。「若さゆえの過ち」です。
強くなった妄想をして、自室でシャドーボクシングして、満足するオタクを見習わなければなりません。

「弱そうでお金を持っていそうな秋葉原のオタクを狙った」とかなりナメられています。悲しいですよ。「1人5千円のノルマ」を達成するために「恐喝相手を物色」して回っていたと供述しています。


さてさて問題は記事の内容ではありません。もちろん被害者は可哀そうですが、真の被害者はオタクであり、秋葉原です。
「オタクって弱い」「アキバは狩り場」って頭の悪い中学生や高校生が思っていると分かったのです。オタクの被害妄想ではなかったのです。


『電車男』以降、

 「動物園にでも来ているかのような面持ちでオタクやメイドを見るために秋葉原を訪れる非オタクの急増は、そこに聖地を見出したオタクたちにとって、多分に不愉快なものであった。」
(森川嘉一郎『趣都の誕生 萌える都市アキハバラ増補版』二〇〇八年一二月五日、幻冬舎文庫)



私たちは現在のオタクや秋葉原について考えることを、疎かにしているのではないでしょうか。すごく単純で、根本的な話をするスタートラインに導くような事件記事だと真剣に思いました。









Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

『ジャンプ』と腐女子が、仁義無き戦いを繰り広げる前夜らしい 

気になる記事が流れてきました。「週刊少年ジャンプが「腐女子読者」を排除?」となかなか面白いタイトルです。

http://www.j-cast.com/2013/05/20175467.html


私はジャンプを読まないので内容に関しては分からないとしか言えないのだが、どうやら「現在主流の女性に受けのいい「バトル漫画」を減らし、男性ファンの多い「ラブコメ」の要素を多くラインアップするよう方針転換を図っている」事が腐女子排除に繋がるらしいです。

>確かにネット上ではバトル物が腐女子のエサになっているのをよく見かけます。言うようにラブコメを多くすれば男性ファンは増加するでしょう。しかし、そもそもジャンプとはラブコメやいわゆる「萌え」寄りをあまり表に出さずにやってきたはずです。何か焦ってますね。

おそらくこの「腐女子か男性か、バトルか恋愛か」という極端な話題は、少年ジャンプが黄金期を取り戻すために思考錯誤した過程で出てきた一つの解決案を提示したと読んだ方が思考停止には陥らないと、私は思いました。

「腐女子は男が二人以上いればいいんだよ。男は分かってない」とか、「恋愛物増やして腐れ女ども排除しよう」という単純な問題では無く、ジャンプ以外にも関わる―例えば出版部数関係の―話だと考えられます。


このブログを書いてるとき、J-CASTニュースは日経の記事を参考に書いてると気付きました。本当に見落としていました。初歩的なミスです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK1301V_T10C13A5000001/


結構びっくりしました。記事の最初にでかでかと画像が載せてあります。その図のタイトルは「『週刊少年ジャンプ』発行部数の推移と振り返る、『ジャンプ』名作メモリーズ」どうやら私の「単純な問題では無い」という予想は正解だったようですね。

黄金期と発行部数を露骨に気にしています。ここから「腐女子排除」や「漫画のジャンル/内容」に落とし込むには無理があります。
要するに「今300万部売れているジャンプを、黄金期並みの部数(600万部)・人気(スラムダンク、ドラゴンボール並の作品を輩出する)にするにはどうすればいいか」をジャンプに関わっている人が考えているらしい、と言いたいようです。憶測ですが。

「紙媒体が売れないと噂されている今、300万部売ってるってすごくね?」と思いますが、さすがジャンプは向上心があります。オタクが知識を向上させるのと似ています。オタク初級者の私がこの問題を考えるとすれば、「腐女子とかバトル物とか気にしないほうがいい」です。30万部しか売れなくなったときに初めて改革や方針転換すべきです。

天下のジャンプは堂々と、「ジャンプ作品を」提供すればいいのです。自然と読者は付いてきます。むしろ変に気にして、「腐女子排除」とか「「萌え」漫画雑誌に転向」した時、読者は離れて行くでしょう。


もっとも、最近の腐女子や「萌え豚」にたいし、私自身思うところは沢山ありますが。






Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

それ、やぶ医者の診断ではないかと邪推する患者 

五月中旬、「まとめ」られたとある記事が私のツイッターTL上に流れてきました。その見出しを見た時、「ようやく問題の一つが解決されたのか!どんな研究結果なのか楽しみだ。」と思いました。

「ついにオタクと一般人のボーダーラインが制定」と書かれていた記事には下図が掲載されていました。

SnapCrab_NoName_2013-5-20_15-8-10_No-00.jpg


私の期待は時間の無駄でした。
まず「あなたは案外オタクかも?!」というタイトルの時点でオタクでは無い人(非オタクor反オタク)が制作したと分かりました。(私は「一般人」=反オタクと見ています。)オタク初級者すら気付く程わかりやすいですね。

次に内容です。「ふしぎ道具」って何ですか?某青いネコ型ロボットに出てくるのは「ひみつ道具」ですから、日本国民、いや世界中の人含めて「ふしぎ道具」を四つ以上挙げられる人はいません。よってオタクはどこにも存在しませんね。仮に「ひみつ道具」の誤植だとしたら答えられる可能性はとても高いですし私でもできます。

例えば・・・脳天につける小型ヘリコプターやどこでも扉、大きく(小さく)できる懐中電灯や恐竜の卵の孵化まで可能な布、異文化コミュニケーションを円滑にするこんにゃく、腹も知識も増えるパンなどなど列挙できます。

私は次で終了でした。AKB全く分かりません。私は「一般人」のようです。まだまだ精進が必要です。

さてここからどんどん見て行くと、ジブリチェックも最近はしてないです。というよりもアニメの話にしたいのなら、「ジブリの新作チェック」ではなく、「アニメ新番チェック」と書いた方がオタク調査っぽいです。

サイリウム」とはオタク系のライブで主に使用される蛍光塗料入りの棒のことです。しかしこの棒、オタクの中では使用の賛否が分かれるグッズです。賛成が多いようですが私は嫌いです。

気にいったアニメを全部買っていたら破産してしまいます。そこまでオタクは馬鹿では無いです。アイドルの曲を振りつけ云々は何をいいたいのかよく分かりません。「ヲタ芸」の事だとしたら「サイリウム」同様評価が分かれます。これは否定的に捉えられてます。私も嫌いです。「サイリウム」と同じ理由で他人に危害を加える可能性が高いからです。

コミケ行ってみたいですが、東京・関東民有利ですね。確かにコミケ行くのはオタクが多いですが、行かないor行けないオタクがより多いです。「オタク行動力診断」には使えそうです。アイドル握手会は・・・正直に言ってオタクは3次元のアイドルに興味無いと思います。AKB<<<<アイマスと考えているオタク多いですよ。

コスプレもしたことないです。「コスプレ」はむしろオタクじゃない人が関わっている分野だと思います。「コンサートツアーを全国回るのは当たり前」な人はオタクでも一般人でもなく、「タフな人」にカテゴライズされますね。この診断では使い物になりません。


もっと頭が回れば高度なつっこみができるのですが、今の私にはこれが限界です。
私は一般人判定だったこの劣化ブラックジャック診断、ネタとして受診するのをオススメします。






Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

静かなる憤りを内包している若造 

まず自分の立場を明確にしておくと、私は「こちら側」のの人間です。「あちら側」は「一般人」とでも置いておきます。

もちろん「オタク初級者」であることに矜恃を持っています。まだまだ「オタクです」とは名乗れない勉強中の身です。それゆえ「こちら側」の世界について興味を持ち、同時に疑問も抱くのです。


そこでまずは短絡的に辞書で「おたく」を引き、「オタクとは何か」解決を試みました。



 おたく【御宅】[・・・]③(オタクと書く)ある分野・物事に異常なまでにくわしい人を俗にいう若者言葉。「漫画‐」
(編・三省堂編修所『ハイブリッド新辞林』一九九八年七月一〇日、三省堂)


 お‐たく【御宅】オタク[・・・]②俗語。自分の趣味に没頭して、他に関心をもたない人。例 アニメおたく。 こうした人たちが相手に距離を置いて「おたく」と呼び合ったとされるところから。
(編・松井栄一『小学館日本語新辞典』二〇〇五年一月一日、小学館)


 おたく【御宅】[・・・]④俗に、特定の分野・物事を好み、関連品または関連情報の収集を積極的に行う人。狭義には、アニメーション・テレビゲーム・アイドルなどのような、やや虚構性の高い世界観を好む人をさす。「漫画‐」〔④は多く「オタク」と書き、代名詞としてこの語を使う人が多いことからの命名という。一九八〇年代中ごろから使われる語〕
(編・松村明(まつむら・あきら)三省堂編修所『大辞林第三版』二〇〇六年一〇月二七日、三省堂)

 
 おたく【お宅】[・・・]③自分の狭い嗜好的趣味の世界に閉じこもり、世間とはつき合いたがらない(暗い感じの)者。「パソコン‐」▽普通は仮名書き。一九八三年に中森明夫が「「おたく」の研究」で言い出し、九〇年代からはサブカルチャーとして積極性を帯びても使う。「私は紫式部オタクです」
(編・岩淵悦太郎、水谷静夫『岩波国語辞典第7版』二〇〇九年一一月二〇日、岩波書店)


 お‐たく【御宅】[・・・] ⑤ある事に過度に熱中していること。また、熱中している人。「アニメ―」⑤は「オタク」と書くことが多い。1980年代半ばから使われ始めた言葉か。初めは仲間内で相手に対して「おたく」と呼びかけていたところからという。特定の分野だけに詳しく、そのほかの知識や社会性に欠ける人物をいうことが多い。
デジタル大辞泉
http://kotobank.jp/word/%E5%BE%A1%E5%AE%85



なんかしっくりこないのが私も含めたオタクの感想だと思います。「自分の趣味に没頭して、他に関心をもたない」のがオタクなのでしょうか。オタクって本当にそうですかね。
「自分の狭い嗜好的趣味の世界に閉じこもり、世間とはつき合いたがらない」という印象が二〇〇九年の辞典に掲載されている現状は、少しショックです。

今もなお「オタク=悪人」論は「あちら側」で根強い人気のようですね。特定の分野だけに詳しく、そのほかの知識や社会性に欠ける人物」」と、ネットに公開されている辞書に堂々と記述されている現実をオタク側としてただ見ているだけなんて、オタク第四世代の一人として口を挟まざるにはいられません。


同世代のオタクの中にもこうやって考えている人がいてくれたらいいななんて思いつつも、私の主張したいことっておそらく世迷言なんですよねぇ。






Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

平成生まれのオタク初級者が語ってみるちゃんねる 

「まとめブログ」を見て、楽しそうだから書きたくなりました。アフィリエイトにも挑戦してみたくなりました。
しかし1番してみたかった事を言うと、オタクとは何かをずっと考えてきて自分の考えを述べてみたいと思ったのです。

現在のオタク文化やネット上等で著述されているオタク云々に関して少なからず疑問を持つようになりました。大阪人の性なのか、気付いたら内容にツッコミを入れるまでに至りました。


「オタキング」のような難しい話しも、学者のような文章力もありませんが、一人の若造の戯言だと思って閲覧してくれると嬉しいです。

自分の信念で綴っていくスタイルで挑戦していきます。






Category: オタク系

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。