05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

「オタク初級者」による頭いいフリちゃんねる

オタク/アニメ/マンガ/ラノベ/声優など「オタク文化」を小難しく語っています      相互リンク大募集&他所で宣伝お願いします

 

中川翔子 ポケモンが生きる意味を教えてくれた

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

まとめに勝つ 一応完成 


移転中のサイトまとめに勝つがなんとか一段落ついた。

スポンサーサイト

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

沈黙しない羊たち。オタク嫌いな羊たち 

彼らの恋愛の呪縛はまだまだ続きます。現在はオタクを恋愛と結び付けようと可哀そうなほど必死にプロパガンダしていますが、ネットでは見ぬかれてしまっています。その開き直りから学んだのか今度は一見すると下手に出ているように振る舞います。それも「媚びてきたぞ」と策がバレるや否や「キモオタ」などとラベリングして攻撃するので本当に「一般人」はたちが悪いです。
結局分かりあったり相互協力したり、ましてや利用しあったりすることすら不可能なのです。「市民権」は幻想ですよ。「世間一般にウケる」を軽く使う人にもくぎを刺したいものです。


http://www.men-joy.jp/archives/65794

私はオタクを「初心者」「初級者」「中級者」「上級者」に分けています。この記事は別の方向でオタクを分別しています。オタクでもなかなかこの類の話はしないので期待しながら記事を追います。


■1:延々と作品について語り続ける“Wiki男子”

「女性があるアニメ作品を話題にあげたときに、ひたすらWikipediaなどのインターネット上で集めた情報だけで語ろうとする方もいらっしゃいます。とくに、30代半ば以上、年齢層が高めのオタク男子には『知らない、わからないことが恥ずかしい』という意識があるようです」


前半は「ライトオタク」の説明と言われればその通りですが、「オタクのジャンル分け」には成りえません。しかし「Wikipediaなどのインターネット上で集めた情報だけで語ろうとする」は「ライトオタク」の定義としてはかなり使えるのでありがたいです。問題は後半です。
まるで知ろうとすること、学ぼうと熱心になることを馬鹿にしたような書き方は気にいらないです。これはオタクの根幹部分なので安易に茶化すのはやめましょう。オタクとは知ろうとしたりする、いわゆる「深く潜っていく」タイプの人達なのです。軽薄で、勉強意欲の無い、向上心もない、ノリだけで乗り切ろうとする「一般人」とは正反対の人こそがオタクなのです。


■2:何でも知ってるフリをする“知ったか男子”

「Wiki男子の派生系ともいえますが、なかには、何でも知っているフリをするオタク男子も。自分の知らない作品名が女性の口から出てくると『ああ、あれ知ってるよ。でね~』と話をすり替えてしまう。

『アエルラ』では、『ボーイズラブ婚活パーティー』というパーティーも開催していますが、そこで“ボーイズラブ”自体をカン違いしたまま『ホモ好きな女性でもOKですよ』と女性に言ってしまうとか。ボーイズラブはリアルな男性同士のおつきあいとはまた違う文化ですので……。女性の方もとまどわれてしまいますよね」


さっきも言いましたがこれも「ライトオタク」の説明です。そもそも知ったかするのは「オタク男子」に限った話じゃないでしょ。さらに言うならばオタクほど知ったかぶりから遠い存在はいません。オタクは熱い勉強家で努力家ですからね(「一般人」すらも認めているから否定できないでしょう)。


■3:持論を展開し続ける“論破男子”

「テレビシリーズの『新世紀エヴァンゲリオン』の終わり方などがそうですが、アニメ作品には、観ている人により作品の印象が違ったり、考えさせるようなものもあります。オタク男子のなかには、そこでご自分の考えを決して譲らない方も。相手の女性の考えを否定してまで、持論を展開されるのは控えたほうがいいかもしれません」


「アニメ作品には、観ている人により作品の印象が違ったり、考えさせるようなもの」がありますね。その通りですからツッコミようがありません。婚活パーティーの場でガツガツ話すのがNGだということはオタクでも分かりますよ。ご安心ください。
しかしこれだけは言っておきますが、考えを譲らない程意志が強いのがオタクという存在なのです。そこはご了承ください。「他人がこう言ったから」「今流行っているから」等は通用しませんので悪しからず。


恋愛とオタク以前の問題で、「ライトオタク」とオタクの区別すら「一般人」はしていなかったことが判明しました。もちろん「あちら側」の見方で「こちら側」を見ようとした記事の中ではマシなほうですが、恋愛の話以外はどうでもよさそうな雰囲気が伝わってきます。

恋愛脳から抜け出すことをオススメします。


Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

まだまだ絶えない「オタク男子」研究と、恋愛の呪縛に囚われている羊たち 

ここ数日は「記事掲載」のみでしたので、久しぶりの「真の更新」です。実のところ「ネタが無くなったり記事が尽きたりするんじゃないか」と思っていたのですが、相変わらず減る様子はありませんでした。むしろ記事を書くのが追いつかない程です。それだけネタが多いのにほとんど誰もつっこんだり意見したりしないのが不思議ですね。味方に甘くなっていては生き残れないと気付くべきですが危機感はないようです。


http://www.men-joy.jp/archives/65790

「一般人」を含めオタクの「敵」は本当に可哀そうな存在です。永遠にオタクに理想を追い求め、恋愛中毒からは向け出せない、そのくせいざとなったらオタクやオタク文化を馬鹿にしなければならない、というオタク以上にお忙しい人達です。嘘もダブルスタンダードも詭弁も使えるものは使って、とにかくオタクを利用してやろうと考えているのです。理由はなんでもいいのです。手練手管でオタクを何かに関連させることが目的なのです。

今回はその何かの部分に代表例の「恋愛」が代入されている記事です(八割がた「恋愛」とオタクのお話ですよね)。「オタク男子の傾向と、“恋人募集中”のオタク男子にありがちなパターン」と実際冒頭に書いていますし間違いないです。
「オタクと恋愛は全く関係性がない」と言えば全て解決しますが、いちいち一つ一つツッコんであげるのが「一般人」や「敵」の為でもあるのです。


■1:オタク男子は“趣味を理解してほしい”

「オタク男子のみなさんの傾向として“女性には、自分の趣味を理解してもらったうえでつきあいたい”のが大前提。自分の好きな作品への愛が大きいので、趣味を諦めてまで交際したくない。また、オタクという負い目がある方もいらっしゃるので、自分の趣味をオープンにしたうえでおつきあいしたいんです」


なぜそこまでオタクを馬鹿にしたいのでしょうか。まあ反オタクだからですが、馬鹿にするなら堂々とやってほしいのです。彼らはオタクを認めたり譲歩したフリをするのはうんざりのはずなのに未だに止めませんね。
どうやらアニメや漫画などを深く愛好する人は、オタク文化を許容していただく為に女性に願い出る必要があると言いたいようです。「一般人(女)」にとってオタク(「オタク男子」)はとにかく下位の存在ですから、「理解してもらったうえで」などと無意識に言えてしまうのです(沢山の記事や著書・論文をよんできた私としては、どう考えても「一般人」の方が未成熟です)。そもそもそんな頭を下げるが如き大前提あるのか疑問です。なぜならばオタク趣味と恋愛は関係ないからです。

もっと私が言いたいことは、「なぜオタクは趣味と恋愛のどちらか一方しか選択できないのか」です。ここには「趣味を諦めてまで交際したくない」とあります。オタクが趣味を続けたまま恋愛してはいけないのですか。それともできないと思っているのですか。「趣味を諦めても交際できないんでしょう」と思ってるならそう言えばいいのです。
何にしてもこれは「一般人」の「オタクにとって恋愛はハードルが高い論」に依拠していると見て間違いないでしょう。
加えて「オタクという負い目」を何十年に渡って日本中のオタク達に植え付けてきたのはどこのどいつだったか、「一般人」諸君は自分の胸に手をあてて考えましょうね(オープンにしたら蔑んで、犯罪者扱いしたのは誰なのでしょうか)。


■2:オタク男子は“理想高め”

「全ての方という訳ではありませんが、オタク男子には女性の理想ができあがっている傾向はあるかもしれません。でも、二次元の女性に求めるような、理想の外見を満たしている女性というのは、現実にはなかなか難しいですよね」

「2次元と3次元の区別ができていない」とオタクに散々言ってきた「一般人」さんは、自分の頭に特大ブーメランが突き刺さっている事に気付きましょう。区別できていないのはあなた達なのです。現実は二次元とは全く違いますよ(同じならどれほど楽かと毎日思っています)。


■3:オタク男子にも世代によってギャップあり!

「オタク男子というと、ファッションや他の遊びには興味がなさそうなイメージがあると思います。でも、オタクも世代により違いがあるんです。よく、オタクは大きく第4世代までにわけられるといわれます。

(1)オタク第1世代・・・『宇宙戦艦ヤマト』『マジンガーZ』世代
(2)オタク第2世代・・・『機動戦士ガンダム』世代
(3)オタク第3世代・・・『新世紀エヴァンゲリオン』世代
(4)オタク第4世代・・・ボーカロイド世代


意外にもまともなことを言ってます。知らない人がもぐりなほど「オタクの世代による違い」は現実にあるのです。現在第4世代までいるというのも正しいです。分類の仕方がオタクの定義と同じく各人違う事も付け加えておきます。
しかしこの分類方法は少しおかしいです。1から3まではアニメで分けているのになぜ第4世代だけ「ボーカロイド」なのでしょうか。こういう詰めの甘さが私は嫌いです。「思いつくアニメタイトルなかったから、「ボカロ」とかいうネットで流行ってるやつ入れとけ」と受け取られても仕方ないですよ。

この後の文章はいちいちツッコみません。「一般人」目線で見るとコミュニケーションスキルの高さ、身なりに気をつける、オシャレだ、といった「意外なオタク像」にびっくりなされているご様子です。


現代の若い人の特徴とか、コミュニケーションスキルの話とか、オシャレの話とか、ましてや恋愛って本当にオタクと深い関係あるのでしょうか。私は関連すらないと思います。

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

「恋愛脳」の迷路から抜け出せない「一般人」のオタク依存症 

必死にオタクと恋愛を結び付ける「一般人」の猛攻は止むことを知りません。病んでいるような、まるでオタク依存者のようです。なぜこうも言えるかというと、前回見た記事のすぐ後に同じような記事が出ていたのです。「オタクと恋愛を結び付ける「一般人」なんて存在しない」と私は一日も早く断言したいのですが、理想は日々遠のくばかりです。


http://www.men-joy.jp/archives/95371

とりあえずここまでオタクや「オタク男子」と恋愛したいなら、少しはオタクの定義付けをしてほしいです。どういう人を「オタク男子」として見ているかをはっきり言ってもらいたいのです。物静かな人か、優しい人か、ただ恋人が居ないカッコいい人を指すのか、一体何を指すのか全く見えてこないのが「一般人」のオタク観の特徴です。そんなこと気にしないのが「一般人」なのかも知れないです。

それはともかく内容からして冒頭からツッコミどころがあるのです。「オタク男子は意外にもパートナーとしては魅力的なポイントがある」と書いていますが「意外にも」ってどういうことですか。普段考えれば魅力的なポイントがないと言ってると思われても仕方ないでしょう。「情報化社会と呼ばれる現代だからこそ、知識量豊富な彼らに狙いを定めて」の一文は何を言いたいのか理解できません。本当に分かりません。
今回もとある「インターネットカラオケマン」に話を聞いていますが、まずこの人の特集をしてあげましょう。本人は自称「草食系オタク男子」らしいので特集する価値は十分あります。


■1:ド定番の“おっちょこちょい女子”

二次元のキャラクター中心とはいえ、たくさんの女性のタイプを熟知している彼ら……ということは、ド定番と言われる王道キャラクターがツボなことは明らかですよね。

UMAさんによると、「ベタ中のベタな展開が理想という人も多いかも。最近では、“重いと思われたらどうしよう”と悩む女性もいるようですが、クッキーやマフラーも大歓迎(笑)。たとえ下手でも、グッと心掴まれてしまいますよ」だそう。

女性からするとなかなか定番がわかりにくいですが、ガールズコミックスの主人公なんかをイメージするとわかりやすいのかも!? 逆に言えば、やや理想の敷居が高くなっているのが難点かもしれませんね。


「2次元と3次元を区別してない」と馬鹿にしたり、「2次元から学ぼう」と連関してみたりと相変わらずお忙しいですね。「ネトカラマン」UMAの「クッキーやマフラーも大歓迎(笑)」という好みはともかく、これ「オタク男子」関係無いですよね。
ガールズコミックの主人公がどうのこうのは、詳しい人が研究してくれるでしょう。「フェミニスト」や「ジェンダー論者」の大好物ですから。彼女たちの見方が参考になるかは知りませんが「同じ女性目線」を売りに商売しているので信じてあげましょうね。
結局オタクは関係ないように思えるのですがとりあえず先へ進みます。


■2:何かに熱心に没頭できる

次に、これは“共感”という意味でなのかもしれませんが、「やはり、何かに一生懸命な人! というのは必要条件の一つかも……?」と、UMAさん。「同じ趣味を持ってほしいなんて全く思っていません。自分と同じように、何か熱くなれるものがあれば、応援したいですし、もっと彼女について知りたいと掻き立てられますね」

ついつい同じ趣味を持ちたい女性にとっても、目からウロコ。男性にとっては、共通の会話よりも、新しい切り口の会話を発展されるほうが大切と言えるのかもしれません。もちろん、同じオタク系女子も大歓迎だそうですよ(笑)。


「一般人」こそオタクの一生懸命なところをウザいと思っていたのではないでしょうか。前回言ったようなオタクの持つ熱量、勉強熱心さを嫌悪していたと思うのですが勘違いでしょうか。「過去の話」と言って話を逸らすでしょうから、その前にオタクに土下座して謝らなければいけませんよ。「一般人」がそんな熱いオタクを応援するとは到底思えないのです。前にも言いましたが「オタクは味方には優しいが甘くは無い」のです。
ついに「オタク系女子」という言葉も出てきました。一体どのような人達なのか教えてほしいですね。いいかげん「オタクイーン」の一人でも出てきてほしいですよ。「オタキング」は十何年も前に登場したのに、未だに「オタクイーン」は出てきません。今か今かと私は待ってますよ。女性って同じ趣味持ちたいんでしょ。だったらさっさと出てくるはずですよね。


■3:趣味への理解と寛大さ

「とはいっても、やはり自分の趣味にも時間を費やしたいのが男の本音。100%だなんて言いません! ほんの時々でいいので、彼女の存在が二の次になってしまっても、責め立てない“寛大さ”があれば最高なのではないでしょうか」

無意識のうちに声を荒らげて、「なんでメールを返してくれないの!?」と口にしてしまいがちな女性は、こういった心理を少しでも受け入れる努力をする必要があるのかも……? そうすれば、自ずと男性のほうも、「理解してくれている分、ちゃんと愛情を返したい」と思ってくれるのではないでしょうか。


オタクとは自分の為に時間と金銭を費やす存在なのです。何を今さら当たり前のことを言っているのでしょうか。「オタク第一世代」の頃から、それ以前からこうなのです。
いい加減気付くべきですがオタクと「恋愛脳」は相容れないのです。「一般人」とオタクは分かり合えないのです。「こちら側」と「あちら側」は未来永劫混ざり合うことはないのです。


何も関係ないオタクと恋愛をミリやり結びつける「あちら側」の勢力には、もう何を言っても無駄のようです。ましてや彼らが恋愛・オタク依存症の患者だと判明したのですから尚の事無駄な努力です。
ひたすら敵は100倍の力でぶっ叩いてやるのです。味方には優しく接しつつも甘くならずに、「ライトオタク」という名のスパイを3倍の力でぶっ叩いてあげるのです。

これらがオタクの優しさです。

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   

オタクの魅力を盛大に語ってくださる「一般人」の言い分。―もしかしたら草食系オタク男子ってアリかも(笑) 


http://www.men-joy.jp/archives/95367

オタクと恋愛をなんとか結びつけようと画策する「一般人」の考えを見ています。前回の復習を一応しておきます。


■1:“優しさ溢れる”草食系男子

「肉食系男子はいないのか!」と言いつつ、自身の心が非常に積極的な女子が多い昨今。本当の意味で彼女たちに似合うのは、“控えめ”かつ大いなる“優しさ”に溢れた草食系男子なのではないでしょうか?

UMAさん曰く、「オタクと呼ばれる男子は皆、心には熱いパワーを宿していて、基本的には他人に優しく自分に厳しいタイプ。話してみるとすごく気の遣える人たちばかりで、絶対に居心地がイイはず!」だそうなので、今ある固定的な印象を取っ払って、まずは気軽に話しかけてみることをオススメします。


ツッコミどころをまとめると、まず「一般人」は「オタク=「草食系男子」」だと定義しているということです(「草食系男子」はどういう存在か噛み砕いて説明する必要が出てきてしまいます)。さらに深層心理にこびり付いているオタク蔑視の視点から、「オタクは絶対恋愛弱者であり、それを仕方なく救って「あげる」のが女の役目」だと勝手な上から目線で思っている事です。隠せていないところがこびり付き度合いのきつさを物語っていますね(別に私は差別したり蔑視することはイイと思うのですが、やるなら真正面からすればいいのです)。恋愛において「肉食系」>「草食系」の考え方も持っています。それほど拘っているにもかかわらず、「肉食系」と「草食系」についてまともな定義付けの試みすら行われていません
さらに言いたいのは、ずっとオタクの持つ熱さを馬鹿にしていたにもかかわらず、今さらその熱さを、さも昔から理解していたかのような口ぶりで称賛する面の皮の厚さについてです。同じ日本人としてとても恥ずかしいですよ。「一般人」ほど厚顔無恥という言葉が当てはまる人達はいません。オタクを祭り上げていれば優しくしてもらえると勘違いしている点も浅ましいです。最後の一文の「固定的な印象」で「一般人」のオタク観が分かってしまいますね。

さて今回はこの続きにツッコミをいれます。「一般人」のオタク観は「こちら側」では通用しませんが、研究する必要がないとは言えません。

■2:興味を持ったことへのハンパない勉強心

次に、こちらはある意味印象通りかもしれませんが、角度を変えて見ると、非常に魅力的なポイントです。「アニメとかゲーム、アイドルといった分野ばかりが注目されますが、いずれも勉強熱心なことには変わりありません」と、確かにその通りかも。

「何事も、一芸に秀でていることは誇るべきことだと思うので、もしあなたが趣味をお持ちなら、ぜひ共有してみてください。きっと、心から一緒に楽しんでくれるはずですよ」と、分析してくれました。

多趣味で行動的な人をリア充と呼ぶのなら、たとえそれがどんなジャンルであれ、魅力的なことに変わりないですよね!


さきほども見たように「一般人」はオタクの熱さを軽蔑していたのであり、勉強熱心さも当然ながら心の底で冷笑しています。「何を今さら」と私はいつも言いたくなるのです。オタクが熱く語り、勉強すればするほど「一般人」が「ドン引き」するのは目に見えています。勉強から程遠い人が勉強熱心の素晴らしさを理解できるはずがないです。
オタク趣味を理解すらしようとしていなかった人と仲良くするのがオタクならば、相当オタクは使い勝手のいい馬鹿ですね。もっとも「一般人」はそう思っていそうです。
加えてこの手のオタク紹介記事で、100%「リア充」という単語が出てくるのか未だに謎です。「リア充」と対になる言葉はあくまで「非リア充」であり、オタクは関係ありません。オタクと対になるのは紛れもなく「一般人」です。この事に多くの人が気付いてほしいです。


■3:あなたを決して裏切らない“輪”の心

そして最後に、とにかく仲間としての“輪”を重んじる傾向にあることを指摘。

「シャイなんじゃないかって? いえいえ、ここぞという時に“絶大な一体感”を持つのが僕らの特徴です(笑)。先にもお伝えしましたが、心の中には熱いものが溢れていますから。同じ趣味の相手にあれだけ協調できるのであれば、大好きな彼女にはさらに尽くしてくれると思います」……なんて、なんだかワクワクしてきちゃいますね。

浮気をしない真面目な人がイイ!という女性の意見をよく耳にしますが、そんな女性にとっては、まさに最適なパートナーと言えるのでは!?


この文章でこの「インターネットカラオケマン」は一体どの立場で、何を言いたいのかが全く伝わってきません。この文章を「こちら側」の考え方の一つを用いて、私なりに言い換えてみます。
「シャイじゃないかって?まあそうかもしれないですけれど、「一般人」よりは騒がしくないでしょ。「ここぞという時」が何を指すのか知りませんが、そりゃ気の合う人が居たら一体感を持つ時もあります。オタクだって人間ですから。
もちろん普段は個別に活動しています。だって、熱心に勉強するんでしょ?一人で黙々とやるのです。皆で勉強しないでしょ?ワイワイ仲良くやる?それって単なる慣れ合いでしょう。全く熱くないですよ。
同じ趣味の人間と話すまでに知識を蓄えておかなければなりませんから大変です。にわかだけはごめんです。相手の為にも自分の為にもならないです。
あのー、彼女や恋愛の話と、オタクの話って関係あるんですか?」


私の考え方は「オタク第一世代」の影響を受けているのでこのように書き変えましたが、大体こんな感じでまとめてみました。もちろん世代の違いでこの通りではないですが、だいたい腹に抱えている思いは同じでしょう。最後の一文にはあえてツッコんであげません。一つだけ「お前たち女どもはどれだけオタクを都合よく考えているんだ」と言っておきます。


やはりオタクと「一般人」の溝は深まるばかりです。オタクなんて「一般人」(特に「あちら側」に属する女性)には意識されていないどころか、視界にも入っていないのです。分かり合えないのです。関わらないのが一番です。実際この記事にも「これまで意識していなかった」と書いています。「これからも意識しないくせに」と私は思っておきます。

Category: オタク系

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。